ホーム > 最新の手術方法MIS(エム・アイ・エス)

検索
最新の手術方法MIS

MIS(エム・アイ・エス)とは

Minimally Invasive Solution

MIS(Minimally Invasive Surgery)とは、一般的に最小侵襲手術と呼ばれる手術方法を指します。
人工関節手術の領域にも幾つかのMIS(エム・アイ・エス)法がありますが、その中でもジンマー バイオメットでは皮膚や関節の周辺組織(筋肉、靱帯や腱)に可能な限りメスを入れずに行うMIS法(Minimally Invasive Solutions)を提供しています。


従来の手術方法とMIS(エム・アイ・エス)の違いは?

  1. 関節への切開(侵襲)が少ない

    一般的な人工関節置換術では15〜20cm程度の皮膚切開を行い、更に筋肉・靱帯や腱など関節の周辺組織にも切開を加えて、充分な視野(術野)を確保します。
    それに対して、ジンマー バイオメットが独自に開発したMIS(エム・アイ・エス)法では、専用の手術器械を使用することで8〜12cm程度の皮膚切開と、最小限の筋肉や腱などへの切開で視野を確保できます。筋肉を切る量が少ないので、患者さんの痛みは従来法より少なくなり、回復も従来法より早くなります。
    また、皮膚に残る傷跡が小さいという美容的メリットもあります。

  2. 術後リハビリテーションの早期開始が可能

    MIS(エム・アイ・エス)法における大事なポイントは、皮膚における傷口の小ささよりもむしろ、その奥の筋肉などに対し極力メスを入れないことです。関節を動かす筋肉に大きく侵襲・切開加えると、筋力が落ちるために関節を動かす力が衰えます。
    逆に筋肉にほとんど侵襲・切開を加えなければ、関節を動かすための筋力を高い状態に維持することができます。また侵襲・切開を加える量に応じて、痛みの度合いも変化します。

    従来法で手術を行った場合、数日間は歩行器を用いた室内移動など限られた動きしかできませんが、MIS(エム・アイ・エス)法の場合、手術翌日(症状によっては半日後)から本格的なリハビリテーションを開始することができます。手術後のリハビリテーションをより早く開始できるということは、手術後の安静により筋肉が衰えてしまうことを回避でき、より早く退院することが可能になります。

  3. 早期退院、早期社会復帰が可能

    従来法では入院期間は1ヶ月以上を要する場合もあります。
    しかし、現在のMIS(エム・アイ・エス)法で手術を行った場合、早ければ10日から2週間で退院することも可能となります。早期退院が可能であれば、職業をお持ちの方や、長期間の留守ができない方でも、安心して手術が受けられます。

従来の手術方法とMIS(エム・アイ・エス)法で違わないことは?

体内で使用される人工関節インプラントの耐久性は今までと変わりないとお考えください。
したがって、手術後、人工関節の寿命をより長く保つための日常生活上の注意点などは変わりません。

Zimmer BiometのMIS(エム・アイ・エス)

ジンマー バイオメットでは患者さんの身体への負担を更に軽減できるよう、筋肉や腱などに極力メスを入れずに行える手術法と専用手術器械の改良に継続して取り組んでいます。

また、MIS(エム・アイ・エス)法の進歩に伴い、従来インプラントよりMIS(エム・アイ・エス)法に適したデザインの人工関節インプラントを順次導入しています。

※MIS(エム・アイ・エス)法は、必ずしも全ての患者さんに適用される手術方法ではありません。患者さんの体型や骨の状態、その他の健康状態により、この手術方法が適用されない場合もあります。主治医の先生とよく相談しましょう。

 

 


ジンマー バイオメット Copyright(C) Zimmer Biomet G.K. All Rights Reserved. .