ホーム > 人工関節とは

検索

人工関節とは

人工関節とは

人工関節置換術とは、変形性関節症や関節リウマチなどの疾患により悪くなった関節 の表面を取り除いて、人工関節に置き換える手術です。
人工関節は、主に金属やセラミック、ポリエチレンなどでできており、関節の痛みの原因となっている部分を取り除くため、他の治療法と比べると「痛みを取る」効果が大きいのが特徴です。

膝や股関節の痛み、変形やリウマチなど関節の病気に悩んでいるすべての方、これから人工関節の手術を検討される方へ。「人工関節ドットコム」および「人工関節ライフ」は、人工関節と関節痛の情報サイトです。
関節の病気や治療法のひとつである人工関節置換術、手術方法、治療費、病院検索、関節専門医へのインタビューなど、関節痛でお悩みの方にご案内しています。

人工関節ドットコム

人工関節ライフ


人工関節の寿命

人工肩関節置換術
人工肘関節置換術
人工股関節置換術
人工膝関節置換術

人工関節の寿命は、患者さんの身体的条件・活動度・体重など、多くの要素に影響されますが、今日では一般的に15年〜20年と言われています。

人工関節インプラントは最新の技術によってつくられているとはいえ、人工物である以上、その耐久性には限界があります。しかし、主治医の指示に従い、患者さんが日常生活上の注意点をきちんと守ることによって、人工関節の寿命を出来るだけ長く保つことが可能となります。

主な注意点は、以下のとおりです。

  • 関節を深く曲げるような動きは、脱臼やインプラントの破損などを招く可能性があるので充分注意しましょう。
  • 必要に応じて手すりや杖などを使い、転倒を防ぎましょう。
  • スポーツをする際には、あらかじめ主治医とよく相談しましょう。
  • インプラントに過度な負担がかからないよう、適切な体重を維持しましょう。

手術の適応

人工関節置換術の適応となる患者さんの症状とは、

  • 保存的な治療方法では、痛みの改善が見られなかった場合
  • 痛みのために、日常生活に支障をきたしている場合
  • 関節が動かし難くなり、日常生活に支障をきたしている場合

手術の目的と効果

手術を行う目的は2つです。

痛みを取り除くこと、そして関節の機能再建です。

ここで大事なのは、“再建”と“再生”とは違うということです。今日の医療技術をもって、病気により正常な機能を失った関節を人工関節などで機能的に再建したとしても、完全に元通りになるわけではありません。

しかし、主治医の注意をきちんと守れば、軽い運動(水泳、ハイキングなど)をすることも可能になり、関節痛で悩む前の日常生活に近いものを過ごせるようになることが期待できます。

詳しくは主治医とよく相談をしましょう。


合併症について

合併症とは、いかなる治療においても起こりうる、治療目的にそぐわないで発生した二次的な問題のことです。

手術療法において最も避けなければならない合併症は細菌感染ですが、今日では感染を防ぐ様々な予防策がとられており、この可能性は大変低くなっています。

その他に考えられる症状としては、貧血、塞栓(血管の詰まり)などがありますが、これらについては医師によりさまざまな予防策や指導が行われています。

詳しいことは主治医とよく相談し、合併症に対する理解を深めておきましょう。


最新の手術方法「MIS(エム・アイ・エス)」)について

最新の手術方法「MIS(エム・アイ・エス)」は皮膚切開をできるだけ小さくし、筋肉や腱などの軟部組織への負担を最小限にすることで術後リハビリテーションの早期開始、早期退院、そして早期社会復帰を目指しています。



ジンマー バイオメット Copyright(C) Zimmer Biomet G.K. All Rights Reserved. .