ホーム > 人工関節とは > 人工股関節置換術

検索

人工関節とは

人工股関節置換術

人工股関節の構造と役割

関節の病気や怪我などの原因により、保存的な治療ができない状態までダメージを受けてしまった股関節は、症状が回復する可能性が低く、非常に強い痛みを伴います。

人工股関節はこの痛みを取り除き、正常な股関節の動きを取り戻すために開発されました。

症状の進んだ股関節を人工股関節に置き換える手術を、人工股関節置換術といいます。

人工股関節は主に4つのコンポーネント(部品)からできています。

  • ヘッド
  • 大腿骨骨頭の役割を果たします。
    金属やセラミックでできています。

  • ステム
  • 股関節にかかる大きな力に耐えてヘッドを支えるために、
    土台として大腿骨に埋め込みます。金属でできています。

  • ライナー
  • 臼蓋側で関節面の役割を果たします。
    主にポリエチレンでできていますが、金属やセラミックが使われる場合もあります。

  • アセタブラーシェル
  • ライナーを支えるために土台として臼蓋に埋め込みます。   
    金属でできています。


人工股関節の材質

人工股関節には主に4つのコンポーネント(部品)がありますが、材質の視点で分けると超高分子量ポリエチレン、金属とセラミックの3種類となります。

弊社で主に使用している超高分子量ポリエチレンは殊にクロスリンクポリエチレンと呼ばれ、摩耗に対する耐久性を高める処理を行った素材です。

これは骨盤側のアセタブラーシェルの中にライナーとして組み込まれ、関節軟骨の役割を果たします。金属の材質には、チタン合金やコバルトクロム合金などがあり、いずれも高い信頼性を得ています。

これらの金属はステム・アセタブラーシェル・ヘッドの素材として使用されています。セラミックはヘッドの素材として一部の製品に使用されています。


骨への固定方法

人工股関節のインプラント(部品)のうち、骨に埋め込まれるものは、「アセタブラーシェル」と「ステム」の2つです。アセタブラーシェルは、深いお椀の形をした臼蓋に、また、ステムは、大腿骨にもともと空いている空洞を利用してそれぞれ固定します。

インプラントを骨に確実に固定する方法には、直接固定法と間接固定法という2種類がありますが、このどちらが適応されるかということは、患者さんの年齢・活動レベル・骨の状態などの状況から医師が総合的に判断した上で決定します。

体の中で長期間使用するものですから、詳しいことは主治医によく相談しましょう。

 

  1. 直接固定法
  2. インプラントを骨に直接埋め込んで固定する方法です。

    このときに使用されるインプラントの表面には、細かい凹凸を施した特殊な加工がされており、この表面に骨が固着することで、固定材(骨セメント)を使わずにインプラントを直接固定することができます。

     

     

     

     

  3. 間接固定法
  4. インプラントと骨との間に固定材(骨セメント)を充填して固定する方法です。

 


 


ジンマー株式会社 Copyright(C) 2014 Zimmer K.K. All Rights Reserved. .